公認会計士、税理士、会計事務所、マーケティング、コンサルティング、ヒント集
 会計事務所TOPページ > 実践教材・ツール一覧 >
     
     
 
 
  企画背景
     
  ご存知の通り、平成27年の要件緩和で、“非上場株式に係る相続税・贈与税の納税猶予制度”は、“従来よりも活用しやすくなった”という声が聞かれるようになりました。同じタイミングで、相続税が増税となり、本制度の利用価値は、より一層高まったとも言えるでしょう。

しかし、本制度の活用を積極的に提案する会計事務所は現在でも一部にとどまり、
  ⇒,曚箸鵑匹“ニーズ”が未開拓のまま残されている
とも言えそうです。 多くの経営者が、その制度の有効性すら知らずにいるわけです。

しかも、申し上げるまでもなく、本制度活用のニーズを持つ企業は、
  ⇒⊆社株対策が必要な優良企業
です。 つまり、自社株納税猶予制度は、優良企業にアプローチするのに絶好のテーマなのです。 本テーマで接点が生まれる企業は優良企業です。

その上、新しい知識の習得に熱心な、40代、50代の後継者からの反響が期待できます。あるいは、現在の顧問税理士からは相続に関するサポートを期待していない経営者も対象になります。

つまり、納税猶予制度に関する相談顧問や事業承継コンサルティングで生まれた経営者や後継者との関係を、ゆっくり着実に育てていけば、いずれ経営計画支援や月次監査等へサービスの幅を広げていくことも、十分に可能なはずなのです。

こう考えますと、新規獲得ばかりでなく、
  ⇒8什澆陵ノ標槎篝茲鯔姫
する上でも、このタイミングで、納税猶予制度の概要をアナウンスしておくのは、非常に重要だと考えられるのです。顧問先からの相談を待つのではなく、先手を打って情報を提供しておく必要があるわけです。ぜひ、優良顧問先へのケアは怠らないようお勧めします。

こうした観点から、自社株納税猶予制度コンサルティングは、会計事務所の戦略商品になり得ると考え、小冊子・DM・プレゼンツール・簡易診断シート等を揃えた【アプローチ・ツールセット】を企画開発いたしました。

小冊子には、相続財産10億円(うち自社株6.45億円)の場合の、納税猶予制度導入前と後の効果シミュレーションした事例を掲載し、効果が一目で分かるよう工夫しています。更に、本制度の適用可否を簡易診断するためのチェックシートで、顧客から【自社のケース】相談を促進することを狙いました。

 


 ☆☆☆ 本提案キットのご活用方法例 ☆☆☆
‐冊子配布から
 個別相談への流れを作る
既存顧問先や関係先にDMや小冊子を配布して、自社株納税猶予制度に興味を持つ経営者からの【個別相談】を誘発する。
⇒ノ百覿箸凌卦開拓
 ツールとして活用
小冊子プレゼントDMを使って、地元で自社株承継にニーズを持つ“優良企業”との接点を作り出す。
6睛撒ヾ悗らの紹介を
 打診するツールとして
 活用
金融機関に小冊子を使って本制度の趣旨を説明し、金融機関主催セミナーの講師の依頼を引き出したり、あるいは、事業承継にニーズを持つ企業の紹介を促進するツールとして活用する。
じ綏儼弍勅圓箸寮榲牲狙 潜在的に、自社株承継に強い関心を持つ後継経営者に対するアプローチ・ツールとして活用する。
ジ槎篝茲悗寮睫瀬帖璽
 として活用
情報提供の一環で顧問先に小冊子を配布し、必要な際には相談に乗ることを伝え、他社からのアプローチに備える


 ☆☆☆ 商品構成・仕様 ☆☆☆
下記の《1》〜《5》のデータを1枚のCD-ROMに収納してご提供致します。
《1》小冊子(A4縦型・表紙含め14ページ/Wordデータ)
   【タイトル】
    経営の集大成としての“相続”対策  
    
低負担で効果的な自社株承継法ご紹介
    【相続税・贈与税納税猶予制度の活用法】


  【目次】
   【1】平成27年から始まった“新相続税率”適用の影響
   【2】経営者の“老練期”に拡大しやすい事業業績実態
   【3】自社株評価で拡大する相続財産の必要納税額想定
   【4】必要納税額を大幅に圧縮する相続税納税猶予制度
   【5】納税猶予制度がもたらす“乗り越える”べき課題
   【6】後継者が決まっていない時こそ必要な緊急時対応
   【7】後継者が決まっている時の効果的な経営権承継法
   【8】相続税・贈与税納税猶予制度の骨子とその諸条件
   【9】“相続”は本来“親子協働”による財産保全活動!
   【10】相続税・贈与税納税猶予制度活用の基本ステップ

小冊子文書デザイン
サンプル・イメージ

A4縦・Word2013で作成したデータでのご提供です。
Word2007以降でご活用いただけます。
ご自由にカスタマイズしていただけます。


   
《2》納税猶予制度適用簡易診断シート(Excelデータ・1枚)と
    
その解説書(Wordデータ・表紙含め4ページ)
ユーザーが納税猶予制度の適用可否をまずは自分でチェックするための、簡易診断シートです。同じものが、小冊子にも掲載されていますが、単独で使ったり、内容を修正されたりする際にご活用ください。
ユーザーから、チェックシートの書き方について、いちいち質問されることを回避するため、チェックシートの記入解説書もご用意しました。
(※Excel・Word共に2007以降対応)





《3》プレゼン・ツール(PowerPointデータとJPEG画像データ)
納税猶予制度活用を勧めるプレゼンを行うためのパワーポイントをご用意しています。(※PowerPont2007以降対応/全10ページ)

また、パワーポイントの画面と同じJPEG画像データも添付しています。JPEGであれば、パワーポイントがなくてもご活用頂けます。

《4》本ツール全体の活用解説書(A4・24ページ/PDFファイル)
本ツールキットを有効にご活用頂くために、
  ・小冊子の内容自体の解説
  ・本制度活用を経営者に動機付ける3つのポイント
  ・小冊子配布以降の各種有料サービス設計方針
等について、解説書にとりまとめています。

《5》小冊子申込を促すDMデータ(A4・1枚カラー/白黒)
  経営者に小冊子の申込をお勧めするDMです。申込欄付き。
  手渡しや郵送用のカラーと、FAX用のモノクロの2種類
  あります。

著作権のお取り扱い WordやExcel、パワーポイント等で作成した上書き可能なデータのご使用は、顧客や紹介者に対しての活用であれば、加筆修正も自由です。ただし、これらのデータをホームページで公開したり、機関紙等に投稿することは、本ツールを導入している他の事務所の活動を害する危険があるため、“著作権違反”とさせて頂きます。
ご不明点等ございましたら、(株)さいぶ編集総研まで、
電話(03-5996-1838)またはメール(info@cibe.co.jp)で、ご確認ください。
なお本ツールの著作権は(株)エフ・ビー・サイブ研究所に帰属します。
企画・解説講師 株式会社エフ・ビー・サイブ研究所 代表取締役 森 克宣
※プロフィールは以下をご参照ください。


☆☆☆ 講師紹介 ☆☆☆
(株)エフ・ビー・サイブ研究所
代表取締役 森 克宣
1979年京都大学法学部卒業。
1979年に業界最大手製造業に入社し、戦略的経営計画の立案と、計画を全社課題として取り組む仕組み作りに7年間従事。
その後、経営コンサルティング会社で、様々な業種の中堅中小企業コンサルティング実務を経験する。
1991年同社シンクタンクの統括責任者に就任し、開発部門を率いてノウハウ商品開発に取り組む。知的生産性向上システムや、レポート形式経営相談システム等、多数のノウハウ商品を世に出す。
2000年(株)株式会社エフ・ビー・サイブ研究所を設立。現在、会計事務所、社労士事務所、保険コンサルタントを中心とする《気付きリードマーケティングの会》を主宰。近著『経営者との《良質接点》形成秘伝』発行。


☆☆☆ 価格及びお申し込み方法 ☆☆☆
商品価格 ◆情報セット会員価格◆   ⇒情報セット会員とは?
   ◇早割価格 32,400円(税込) (会員定価:37,800円)
◆一般(非会員)価格◆
   ◇早割価格 45,000円(税込) (定価:54,000円)
送料・手数料 送料…650円 /代引手数料…無料
お支払方法 代金引換(手数料無料)または口座振替
納  期 原則お申込日の翌日から3営業日(土・日・祝日除く)以内に発送致します。
お問合わせ先
株式会社さいぶ編集総研 (電話/FAX注文先) 
TEL:03-5996-1838  FAX:03-5988-0626

   

 ◇会員早割価格:32,400円   数量:

 ◇一般早割価格:45,000円   数量:

     
  このページのトップへ  
 
Copyright(C) CIBE Editorial Institute, Ltd. All Rights Reserved.