社会保険労務士事務所、社労士、マーケティング、コンサルティング、ヒント集
 SR事務所TOPページ > 実践教材・ツール一覧 >
     
《働き方改革》を切り口にした顧問契約・スポット契約促進ツールのご案内
     


働き方改革は、良くも悪くも、既に始まっています。しかも、制度に“100点満点”はなく、特に“企業経営”にとって、不都合な側面が残されているのも現実かも知れません。

しかし、こうした“働き方改革の流れ”を、企業経営あるいは事業の業績獲得力強化に役立てる方法はないのでしょうか。そうした業績向上観点以外でも、企業経営者から見て、満足できる“働き方改革”を成し遂げる視点や方法を探し出す必要があるはずです。

なぜなら、それが経営者のパートナーとしての社会保険労務士事務所の基本的な役割であり、同時に先生方の“ビジネス源”でもあるからです。

しかも、経営陣と社会保険労務士事務所ばかりではなく、企業の従業員にもメリットをもたらす改革視点なら、『制度を問題視するよりも積極的に取り組んだ方が、良い結果を招き得る』と、経営者が理解することも容易になるでしょう。

そんな“見地”から、まず経営者に、働き方改革への取り組みを動機付ける“ストーリー”を、パワーポイント(表紙を含め11枚)に取りまとめました。レジメも別途用意していますから、経営者への対面プレゼンのみならず、役員会研修や経営者を集めたセミナーにも活用できます。

更に、社会保険労務士事務所としての顧問契約やスポット契約を促進する“きっかけ”となる“ツール”も、ご用意しています。

まずは、その要点を、以下の動画でご確認ください。



 本教材の企画趣旨は以下のビデオをご覧ください。
(動画画面左下にある《右向き三角印》をクリックしてスタートします。)

 
     ※マウスポインタ―を画面の外に出すと、下のコントロールバーが隠れます。
     逆に、マウスポインタ―を画面上に持って来るとビデオのコントロールバーが現れます。


 ☆☆☆ 本教材のお勧め対象者 ☆☆☆
説明を依頼された際に
効果的なプレゼンを
行いたい
顧問先や関与先や、あるいは他士業等から、働き方改革対応に関する問い合わせがあった際に、単なる法改正の説明ではなく、経営的視点から、“どんな指針を持って取り組んでいけばよいか”を説明したい。そのベースとして本教材を役立てたいとお考えの方。
働き方改革を切り口に
顧問契約を増やしたい
単なる法改正対応ではなく、経営者の経営マインドに働きかける形働き方改革の意味や取り組み指針を説明して、経営者の信頼を獲得し、顧問契約につなげたいとお考えの方。
アプローチの大義に
なるのでストーリーを
固めておきたい
働き方改革支援は、当面の間、新規先アプローチの大義になる話題なので、各種アプローチツールや、提案ツールを揃えておきたい。
金融機関や企業団体の
セミナー依頼に
応えたい
金融機関や法人団体からの講師依頼には積極的に応じて行きたいと考えている。当面、働き方改革対応は“旬のテーマ”なので、セミナーストーリーのベースを固めておきたい方。


 ☆☆☆ ご活用例 ☆☆☆
対面型プレゼン 働き方改革対応に関する相談を受けた経営者に対して、対面型のマンツーマン・プレゼンにご活用いただけます。
経営者勉強会 経営者の勉強会や役員会等で、働き方改革への取り組み指針について、セミナーを実施する際にご活用いただけます。
招聘セミナー 金融機関や異業種交流会の事務局、あるいは一企業から『働き方改革対応』をテーマにセミナー依頼を受けた際に、ご活用頂けます。また、教材セットのプレゼン受付けDMを活用して、商工会議所や金融機関、業界団体、異業種交流会等に、セミナー受注提案を行うこともお勧めいたします。


 ☆☆☆ 商品構成・仕様 ☆☆☆

下記の《1》〜《6》を1枚のCD-ROMに収納してご提供致します。






《1》CD動画解説セミナー(約93分)
 本提案キットの内容や提案のポイントを解説した動画講座。
 講座レジメ(PDF)付き。
 講師:株式会社エフ・ビー・サイブ研究所 代表取締役 森克宣  
  
 第1章:総合解説 本企画の作成目的とツール構成
 第2章 前提視点:今日的人事労務課題の特殊性確認
 第3章 第1指針:働き方改革の波に乗るための起点
 第4章 第2指針:緊急を要する働き方改革課題一覧
 第5章 第3指針:同一労働同一賃金への取組み方針
 第6章 第4指針:時間外労働上限規制への対応視点
 第7章 第5指針:事業の活動力基盤強化:課題一覧
 第8章 第6指針:人材活用が求める着想の転換方向
 第9章 第7指針:組織の求心力と結集力の高揚方法
 第10章 第8指針:働き方改革が生きる経営ステップ
 第11章 第9指針:社外専門機関を有効活用する視点
 第12章 総合解説◆有料契約への繋ぎ方と提案項目









《2》顧客向けプレゼンツール(Power Pointデータ提供)
 【タイトル】
   【働き方改革】を前向きの起点として…
   組織をうまく機能させる人事労務指針
   〜 企業防衛と業績実現力強化の両面構え 〜

  ⇒PCで、パワーポイントを操作しながらプレゼン行うことを
   想定した《プレゼン用》ファイルです。
  ⇒マンツーマンプレゼンは勿論、勉強会やセミナー形式での
   プレゼンにも適しています。
  ⇒パワーポイントのアニメーション(動き)に加え、動きを
  出すために、ページ数は23ページに及びますが、実質は
  表紙を含めて11ページです。


(内容)

 前提視点:今日的人事労務課題の特殊性確認
 【第1指針】働き方改革の波に乗るための起点
 【第2指針】緊急を要する働き方改革課題一覧
 【第3指針】同一労働同一賃金への取組み方針
 【第4指針】時間外労働上限規制への対応視点
 【第5指針】事業の活動力基盤強化:課題一覧
 【第6指針】人材活用が求める着想の転換方向
 【第7指針】組織の求心力と結集力の高揚方法
 【第8指針】働き方改革が生きる経営ステップ
 【第9指針】社外専門機関を有効活用する視点


《3》顧客向けプレゼンツール(印刷用)
 上記プレゼンツールの印刷用パワーポイントファイルです。
 顧客へのプレゼン後に、ご検討資料として置いていくことを
 お勧めします。(表紙含め11ページ)
 
《4》顧客向け要点レジメ(Wordデータ提供)
 プレゼンの要点を記載したレジメ。プレゼンやセミナー時に
 顧客に配布する資料としてご活用ください。
 (A4・5ページ)

       
 
 
《5》プレゼン受付けDM(Wordデータ提供)
 主に関与先や見込み先経営者に対して、《2》のプレゼン実施
 希望を受付けるためのキャッチDM。手渡しや郵送用のカラーと
 FAX用の白黒の2種類ご用意しています。
《6》面談要望受付けシート(Wordデータ提供)
 上記《2》の、プレゼンやセミナーを実施後に、更に個別面談
 の申込を受付るための要望受付けシート。
 特に、お呼ばれセミナー等で、セミナーを実施した際には、
 こうしたツールを活用して、“個別フォローをする余地”を残す
 ことが重要となります。
システム・ソフト要件 【顧客向けツール活用のシステム要件】
 パワーポイント2013以降およびWord2013以降推奨
 (データカスタマイズ可)

【動画解説セミナー視聴のシステム要件】
 PC対応のCD−ROMでご提供します。
 ※動画の視聴には、ブラウザソフトが必要です 。
 Internet Explorer・Chrome・Edge等は勿論、
  殆どのネット閲覧用ソフトでご覧いただけます。
 (インターネット接続の必要はありません) 
著作権のお取り扱い パワーポイントやWordでご提供する上書き可能な文書データのご使用は、顧客や紹介者に対しての活用であれば、加筆修正も自由です。ただし、データをホームページで公開したり、機関紙等に投稿することは、本ツールを導入している他の事務所の活動を害する危険があるため、禁止させて頂きます。ご不明点等ございましたら、(株)さいぶ編集総研まで、
電話(03-5996-1838)またはメール(info@cibe.co.jp)にて、ご確認ください。
なお本ツールの著作権は(株)エフ・ビー・サイブ研究所に帰属します。
企画・解説講師 株式会社エフ・ビー・サイブ研究所 代表取締役 森 克宣
※プロフィールは以下をご参照ください。


☆☆☆ 講師紹介 ☆☆☆
(株)エフ・ビー・サイブ研究所
代表取締役 森 克宣
1979年京都大学法学部卒業。
1979年に業界最大手製造業に入社し、戦略的経営計画の立案と、計画を全社課題として取り組む仕組み作りに7年間従事。その中で、事業部制の見直しや管理部門の役割企画に従事し、組織活性化計画に取り組んだ。
その後、経営コンサルティング会社で中堅中小企業コンサルティング実務を経験。
1991年同社シンクタンクの統括責任者に就任し、開発部門を率いてノウハウ商品開発に取り組む。知的生産性向上システムや、レポート形式経営相談システム等、多数のノウハウ商品を世に出す。
2000年(株)株式会社エフ・ビー・サイブ研究所を設立。現在、会計事務所、社労士事務所、保険コンサルタントを中心とする《気付きリードマーケティングの会》を主宰。近著『経営者との《良質接点》形成秘伝』発行。

     
 
☆☆☆ 価格及びお申し込み方法 ☆☆☆
商品名  《働き方改革》を切り口にした
   顧問契約・スポット契約促進ツール・キット
商品価格  ◆会員気付きリードマーケティングの会)◆
   会員早割22,000円(税込) (定価 30,800円)
 ◆一般(非会員)◆

   一般早割35,000円(税込) (定価 41,800円)
送料・手数料 送料…650円 /代引手数料…無料
お支払方法 代金引換(手数料無料)または口座振替
リリース日 2019年11月21日(木)
納  期 お申込日の翌日から3営業日(土・日・祝日除く)以内に発送致します。
お問合わせ先 株式会社さいぶ編集総研 (電話/FAXお問合せ先) 
TEL:03-5996-1838  FAX:03-5988-0626

 ◇会員早割:22,000円   数量:

 ◇一般早割:35,000円   数量:
 
     
  このページのトップへ  
     
Copyright(C) CIBE Editorial Institute, Ltd. All Rights Reserved.