社会保険労務士事務所、社労士、マーケティング、コンサルティング、ヒント集
 SR事務所TOPページ > 実践教材・ツール一覧 > 
     
     

 ◆本実践キットの概要



(提案書

◆就業規則を経営の中核課題として提案するストーリー確立!

就業規則の提案は、既存の就業規則を《書き直す》作業提案になりがちかも知れません。そして、それが、就業規則の見直し提案が《内容の重要性の割に安価な仕事》になってしまう要因なのでしょう。

それをそのまま放置していては、安価なばかりではなく、《その後の関係》を育てる素にもなりにくいかも知れません。

本来、就業規則提案は、条文の書き直し提案ではなく、

《経営実践の変更》提案、あるいは《経営意識変革》のテーマ

になり得るものです。文書としての就業規則が書き直されるのは、その成果の一つに過ぎません。

では、就業規則提案を《経営実践の変更》や《経営意識変革》のレベルで、分かりやすく語るには、どうすればよいのでしょうか。
それを実現するのが、今回ご案内する《提案書》の役割です

従来にない“新発想”で就業規則の機能を語りかけ、経営者の就業規則への思い込みを払拭してもらうのがポイントです。
 
更に“組織ドック”という“落とし所”を作りました。

更に本提案書では、直接的に就業規則の作成や修正提案に持っていくのではなく、

◆組織ドック=就業規則をはじめとした社内諸規則の有料診断

という【落とし所】を作りました。もちろん、追加提案書(クロージング・ツール)もご用意しています。

組織ドックの進め方の一例や、どのような診断書を作成すればよいかの方針はCD解説セミナーで詳しく解説していますので、本CDセミナーの内容をご参考の上、先生方にとっては、新しい有料商品を持つイメージをお持ち頂ければと思います。
“組織ドック”の狙いは、次のコラムの通りです。
   
 
 ◇CD解説セミナーのレジメを公開中!
   本提案キットの企画趣旨や概要をご理解頂くために、
   CD解説セミナーのレジメを公開しています。
   併せてご参照ください。

   ⇒セミナーレジメ(PDFファイル)
   


 ☆☆☆ 《組織ドック》という落とし所の狙いは…? ☆☆☆
就業規則コンサル全体の
単価を上げる
◆就業規則コンサル単価引き上げベースを作る
組織ドックは、《問題指摘》それ自体を有料化し、診断書で指摘した内容を受けて、先方が実際に就業規則等の修正業務を希望した際には、別途作成料を設定します。この2段構えが、トータルの就業規則コンサル単価を引き上げのベースになり得ます。

就業規則コンサルの
価値を高める

◆経営サポーターとして経営テーマに取り組む土台を作る
《組織ドック》を組み込むことで、就業規則の作成が、作成代行業務に終わらず、むしろ経営者と一緒に“経営テーマ”に取り組む土台になります。“経営のサポーター”としてのポジションを作れるわけです。

対象マーケットを
思い切って広げる

◆対象マーケットを思いきって広げる
直接的な顧問契約の受注には障害が多い先でも、“組織ドック提案”であれば、対象マーケットが大幅に広がる可能性があります。今は、顧問契約以外の有料商品を持ち、積極的な展開をする時期でもあります。
信頼関係を深めてから
顧問契約に向かう
◆信頼関係を深めてから顧問契約へ向かう
顧問契約ではなく、組織ドック提案ですから、既に他の社労士事務所と顧問契約をしている企業も対象となります。経営者にとっても、いきなり顧問契約を切り替えるのはハードルの高い決断ですが、就業規則テーマで信頼関係を作れば、顧問契約獲得も時間の問題になるかも知れません。


 ☆☆☆ 使い方は工夫次第で広がる!活用例 ☆☆☆
本提案キットには、中心となる8ページの提案書の他にも、
   ◆提案書の請求を募集する《DM》
   ◆追加のクロージング・ツール
   ◆組織ドック診断書の構成(様式)例
   ◆組織ドックの申込書

   ◆組織ドックの進め方例フロー図
等の文書ツールが含まれており、提案からクロージングに向かう一連の活動にお役立て頂けます。

本実践キットのご活用方法は様々です。その一例をご紹介すると、

 /靴燭烹庁佑鯣信して見込み先形成から提案に持ち込む
         新規顧客開拓活用法
 定期情報発信等で関係はできていて、もう一歩踏み込みたい先に使う
         関係先への踏込み型活用法
 お呼ばれセミナーの最後に、組織ドックのご案内(1枚)を配布して
   “独自の関係”を作るための追加資料に使う

         セミナー補足資料型活用法
 ざ睛撒ヾ悗箴匆雉鯏世法箸海鵑併抉腓鮖呂瓩拭匹半匆陲鯊膿任垢
         紹介企画型活用法

などです。


 ☆☆☆就業規則提案書の内容 ☆☆☆

【就業規則提案書タイトル】
  攻めなければ守れない今こそ必要  攻めの《決め手》強化視点
   〜 “組織ドック”のご提案書  〜 
(表紙+本文8ページ)
  【目次】
   【1】“生き残り合戦”から“強対強”の熾烈な競争へ 
   【2】“従来マネジメントの《基本》が今では通用しない! 
   【3】なぜ従来の《経営基本》が今は通用しないのか…?
   【4】《組織活力》を引き上げる《現代的》発想とは…?
   【5】なまず、ご提案したい《組織ドック》プロジェクト!
   【6】○○○○社会保険労務士事務所のご案内 
   【7】主な経営ご支援メニュー一覧 
   【8】《組織ドック》お申込書
文書デザイン
サンプル・イメージ

A4/Word2007以降
   
A4縦・Word2007以降対応データでのご提供です。
ご自由にカスタマイズしていただけます。
   
       
       
 ☆☆☆ 提案書解説CDセミナーの内容 ☆☆☆

【CD音声セミナー(約60分)】
  講師:株式会社エフ・ビー・サイブ研究所
     代表取締役 森 克宣 (⇒プロフィールへ
【セミナーレジメ】を公開しています。以下のPDFをご参照下さい。
     ⇒セミナーレジメ
   【1】就業規則を“好ましい業務”にするための2つの“発想転換”
   【2】現代経営の“中核課題”に躍り出た就業規則
   【3】提案書の底流にある“攻め”発想の背景確認
   【4】“攻め”る時にこそ大きく広がる“企業力”格差
   【5】アメとムチが《士気高揚》に逆効果になる時?
   【6】なぜ従来の“アメとムチ”発想が通用しないのか  
   【7】就業規則が“組織の士気”を高める背景とは?
   【8】ストーリーの“落とし所”としての“組織ドック”
   【9】 “組織ドック”が担う役割とその内容
   【10】“組織ドック”の中心をなすインタビュー診断書
   【11】“診断報告書”作成にかかわる補足事項
   【12】提案書5ページと“提案”全体に関する補足
   【13】まとめに代えて
       
     
☆☆☆ 企画者 プロフィール ☆☆☆
(株)エフ・ビー・サイブ研究所
代表取締役 森 克宣
1979年京都大学法学部卒業。
1979年に業界最大手製造業に入社し、戦略的経営計画の立案と、計画を全社課題として取り組む仕組み作りに7年間従事。
その後、経営コンサルティング会社で中堅中小企業コンサルティング実務を経験。
1991年同社シンクタンクの統括責任者に就任し、開発部門を率いてノウハウ商品開発に取り組む。知的生産性向上システムや、レポート形式経営相談システム等、多数のノウハウ商品を世に出す。
2000年(株)株式会社エフ・ビー・サイブ研究所を設立。
現在、社労士事務所、会計事務所、保険コンサルタントを中心とする《気付きリードマーケティングの会》を主宰。
近著『経営者との《良質接点》形成秘伝』発行。
       
       
☆☆☆ 商品仕様 ☆☆☆
提案書タイトル “攻め”なければ“守れ”ない今こそ必要 
 攻めの《決め手》強化視点
  〜 “組織ドック”のご提案書  〜
執筆者 株式会社エフ・ビー・サイブ研究所 代表取締役 森 克宣
商品構成 本キットは、
  ―業規則(組織ドック)提案書(A4・本文8ページ)
  ▲ロージング・ツール(A4・4ページ)
  A反ゥ疋奪の進め方例フロー図(1枚)
  し弍塚念インタビューガイドと診断書の様式例
  ツ鶲峠颪寮禅瓩鯤臀犬垢DMデータ(カラー・白黒)
  α反ゥ疋奪申込み書
  Р酸璽札潺福次別60分)
  ┣酸璽札潺福爾離譽献 (PDF)
の8点セットが1枚のCDに収納されています。音声はパソコンでも一般のCDプレイヤーでも再生できますが、文書はパソコンからしか起動しません。
文書データ仕様 MicrosoftWord2007以降対応データ
著作権のお取り扱い 文書データは、顧客経営者や紹介者に対しての活用であれば、加筆修正も自由です。ただし、ご同業者や第三者の閲覧に供したり、事前の了解なく、他の著作物に引用したりすることは、著作権法で禁じられています。
著者は(株)エフ・ビー・サイブ研究所の森克宣です。
   
     
 
☆☆☆ 価格及びお申し込み方法 ☆☆☆
商品価格 ◆会員価格ご案内◆ 情報セット会員とは?
  ◇会員価格:38,500円(税込・別途送料650円)
 
◆一般価格ご案内◆
  ◇一般価格:55,000円(税込・別途送料650円)
お支払方法 代金引換(手数料無料)または口座振替
納  期 原則お申込日の翌日から3営業日(土・日・祝日除く)以内に発送致します。

 ◇会員価格:38,500円   数量:

 ◇一般価格:55,000円   数量:
 
     
  このページのトップへ  
     
Copyright(C) CIBE Editorial Institute, Ltd. All Rights Reserved.