社会保険労務士事務所のマーケティングと競争力強化《ヒント集》
基本書ご案内 本サイトの閲覧方法
本サイトの主催者
社労士事務所ホーム これからの競争力ポイント 実践ヒント集 ビジネス構造の作り方 会員制度案内 2012年創立 実践のための教材とツール
 
 
 
 
 
 
 
 
新着情報
 
 
個別ご相談窓口(無料)
気付き会員の専用サイト
気付き会員制度とは?
最近の人気教材
モデル小冊子
事例小冊子

 ●個人情報保護方針
           
new 2017.11.21 【新着教材】 士業コンサル“勘どころ”セミナー【2017リニューアル版】    
new 2017.11.21 【新ヒント】 実は“経営ノウハウ”だけではなかった経営コンサルの“勘所”    
  2017.10.06 【新ヒント】 企業の管理者を機能させるための社労士事務所の指導法    
  2017.09.05 【新ヒント】 次々に提案機会を広げて行ける《新規設立企業アプローチ》    
  2017.09.04 【新着教材】 新規設立企業向けアプローチ・セット
   
  2017.08.03 【新ヒント】 《士業》の普通の業務が《企業》の業績改善指導につながる
   
 
 
           
無料閲覧   本サイトの閲覧は無料ですが、関係者以外の閲覧を制限するため、
ご登録をお願いするページがあります。個人情報は厳守致します。
 ⇒ サイト閲覧のためのご登録がお済みでない方はこちらからどうぞ。
   
           
ご質問等の窓口  ⇒ ご質問なども、お問合わせページからお受けしています。    
           
  本サイトは(株)エフ・ビー・サイブ研究所(株)さいぶ編集総研が共同して運営しています。《ヒント》の執筆は、森克宣が担当致します。    
 
 
         
本サイトの役割等   本サイトは、社労士事務所のビジネス環境変化に対応するために重要となる実践的な[視点]や[手法]を、ご紹介する役割を担っています。    
 
 
 
 
 
 
 
 

【1】[市場飽和]は社労士事務所の収益性に大打撃!

       
    市場飽和で今後の可能性縮小    いわゆる[関与率]では、会計事務所のケース程には[飽和]していない社会保険労務士事務所界でも、新規先獲得は必ずしも容易なテーマではありません。
 会計事務所とは異なり、特に人事・労務に対する[経営者意識]が高まらなければ、社会保険労務士事務所の関与先拡大は、容易には望めないからです。
 その意味では、意識の高い企業が多いとは言えないため、[量]的な余裕が多々残る一方で、[質]的には、社会保険労務士事務所市場も、やはり[飽和]に近付いていると見なければならないでしょう。
 そのため、新規参入事務所は、当然のように[安値]競争を挑みかかり、それが関与先の[顧問料値下げ要求]を生んでしまいます。
       
 

【2】対応[戦略]を考える前に重要になる[要因]

         
    今の最重要課題    では、[市場飽和]が生み出す[厳しい競争]下で、どのような[戦略]をとるべきなのでしょうか。
 特に重要な[発想]は、従来業務で[他事務所]と競争し合うのではなく、積極的に[経営者の意識高揚]に働きかける形で、自事務所独自の展開に挑むことだと思います。
 簡潔に言うなら、[顧客を奪い合う]のではなく、[自事務所独自の顧客を創造する]活動に取り組むわけです。その際、[経営者意識]に働きかける第一歩は、何より[経営陣との良好な関係]形成から始めなければならないのです。

         
 

【3】企業経営陣との[良好な関係]形成が起点

         
    企業経営陣との良好な関係形成はマーケティング活動から生まれる    では、どうすれば、企業の経営陣と[良好な関係]を結べるのでしょうか。そして、そもそも社会保険労務士事務所ビジネスが企業とともに発展するために必要な[関係]とは、どのようなものなのでしょうか。
 そうした関係形成法の[手法]や[視点]を、[具体的]に取り上げるのが[小さなヒント]集の目的です。そして、その考え方を更に踏み込み、企業と士業双方にとっての[好ましい関係]形成に実践的に取り組み、実際に成果を上げるステップを踏み出すことが【気付きリードマーケティング】の会の趣旨になっています。
 社会保険労務士事務所の【気付きリードマーケティング】の会は有料会員制度の下で運営されていますが、その[考え方のベース]を、このサイトで、適宜ご紹介致します。

         
 

【4】基本的な[考え方]から[実践]ツールまでをカバー

         
    考え方が明8画でツールがしっかり揃うなら…    更に、考え方の[実践]に必要となる[教材]や[ツール]を、【気付きリードマーケティング】会員外の皆様にも、会員価格と比較して割高にはなりますが、ご案内を差し上げています。
 そして、個々の[教材]や[ツール]の中で、内容や使い方の[解説書]という形を通じて、展開のための[戦略]や[実践ステップ]等を、一つ一つのテーマごとに、ご紹介しています。
 つまり、基本的な[考え方]を、本サイトでご紹介しながら、実践のための[教材]や[ツール]をご提供し、更に継続的な成果を獲得して行くために【気付きリードマーケティング】の会があるという構成になるわけです。
         
 

【5】[働き方改革]が、古くて新しい経営課題取り組みへの[きっかけ]

         
    アメとムチ感覚では、士気の向上は果たせない!    [従業員事情]から、[働き方改革]の必要性が叫ばれ、昔ながらの[アメとムチ]では、思うように[自社経営]ができなくなって来ている今、中堅中小企業も、一段高い[マネジメント]視点から、[組織運営体制]を再構築しなければ、勝ち残れない状況になってまいりました。
 そんな中では、社会保険労務士事務所の見識が、企業経営の[深い部分]に浸透すべきチャンスが到来しているのです。この機会を捉え、成果が出やすいテーマから、企業の[組織人材マネジメント]の支援や指導を[提案]する社会保険労務士事務所が、更に増えて行くことが望まれています。企業にとっては[課題整理]も容易ではないからです。
 それは、企業のメリットばかりではなく、[有料提案技術]を身につけた社会保険労務士事務所の事業拡大チャンスでもあるはずです。もちろん[有料提案技術]の公開も、本サイトで実施します。
         
 

【6】立ち位置次第で変わって来る社会保険労務士事務所の将来性

         
    状況変化は視点の変更で大チャンスに変わり得る!    飽和した市場の中では、[従来通りの業務]がジリ貧化して行く一方で、新たなチャンスが急速に広がるのが普通です。しかも[人事・労務]という、マネジメントの中核的な実務力を、当たり前に身につけている会社会保険労務士事務所ならば、少し活動の視点を変えるだけで、労が少なく益の大きい道を、発見できるはずなのです。
 先行きのチャンスの大きさはともかくとして、足元の方向転換自体には多大なエネルギーが必要になるかも知れません。そのためのお手伝いも、このサイトと【気付きリードマーケティング】の会を通じて、ご提供させていただきたいと考えています。
 なお【気付きリードマーケティング】は、(株)エフ・ビー・サイブ研究所の登録商標です。

       
   
      ページトップへ    
             
社労士事務所トップ  運営会社概要  無料閲覧登録  実践ヒント集  教材・ツール  無料小冊子
会員制度案内  競争力ポイント  ビジネス構造の作り方  個人情報保護方針  ご相談窓口
Copyright(C) FBCibe Institute, Ltd. & CIBE Editorial Institute, Ltd.All Rights Reserved.